酒のひろせは岐阜県岐阜市柳津町にあります。特に地酒とワインに力を入れています

酒のひろせは日本酒 地酒 ワイン に力をいれています。岐阜県岐阜市柳津町にあります。

地酒取扱銘柄

■■■■岐阜の地酒■■■■
ピン 醴泉(玉泉堂酒造)
<岐阜・養老町>
ピン 津島屋(御代櫻醸造)
<岐阜・美濃加茂市>
ピン 小左衛門(中島醸造)
<岐阜・瑞浪市>
ピン 三千櫻(三千櫻酒造)
<岐阜・中津川市>
ピン 又六・天領
(天領酒造)
<岐阜・下呂>
ピン 竹雀(大塚酒造)
<岐阜・池田町>
ピン 房島屋(所酒造)
<岐阜・揖斐川町>
ピン ダルマ正宗
(白木恒介商店)
<岐阜・岐阜市>
百十郎(林本店)
<岐阜・各務ヶ原>
ピン 花美蔵(白扇酒造)
<岐阜・八百津町>
ピン 初緑(奥飛騨酒造)
<岐阜・下呂市>
ピン 鯨波(恵那醸造)
<岐阜・中津川市>
恵那山(はざま酒造)
<岐阜・中津川市>
はなざかり
(花盛酒造)
<岐阜・八百津町>

百春(ひゃくしゅん)(小坂酒造場)
<岐阜・美濃市>

の他の岐阜の地酒

◆◆全国のこだわり地酒◆◆
ピン 旦(笹一酒造)
<山梨県>
ピン 酒屋八兵衛
(元坂酒造)
<三重県>
松の司(松瀬酒造)
<滋賀県>
唯々(竹内酒造)
<滋賀県>
東一(五町田酒造)
<佐賀県>
勝駒(清都酒造場)
<富山県>
庭のうぐいす
(山口酒造場)
<福岡県>

(山崎合資会社)
<愛知>

安芸虎(あきとら)
(有光酒造)
<高知県>

その他の地酒

酒のひろせ 最新情報<フェイスブック>

酒のひろせの今を感じるならココ(*´∀`)

営業日カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
… 営業日
… 定休日
… 10:00~17:00

その他の地酒

【高知】29BY 高木酒造 豊能梅(とよのうめ)G×A 白ラベル 純米吟醸 火入れ 
豊能梅 とよのうめ GxA

豊能梅 とよのうめ GxA


爽やかがふわり(´∀`*)ウフフ
香りと旨さの調和が
ステキ(゚∀゚)キタコレ!!

蔵で、掛け合わせたことのない組み合わせを
実現!!

これが、また
よかったぁー(´∀`*)

高知の酒米 「吟の夢」
×
高知酵母 「AC95」

だから名前が、GINNOYUMEの「G」とAC95の「A」

G×Aなんでっす(^^)

コンセプトワーカーズHPより

その掛け合わせの一覧表を見ているうちに、
ひとつだけない組合せがあった。
もともと良いお酒だなぁとは昔から思っていました。
しかし、せっかく美味しいのに豊能梅の特徴がもうひとつ伝わりにくいのも現状でした。

実際に蔵に訪問した際も「こうやったらいいんじゃん!」という案がなかなか浮かんできません。

2 時間以上滞在した中で、最後の最後にひとつの道筋が見えたのです。

現在、社長兼杜氏をつとめる五代目の高木直之氏は、
蔵に戻る前にバイオテクノロジーの会社で微生物関係の仕事を10 年勤めていました。
その経験から、現在の豊能梅・土佐金蔵のラインナップは、
酵母と酒米の組合せで種類がいろいろと分けられています。

その掛け合わせの一覧表を見ているうちに、ひとつだけない組合せがあったのです。

それがこの商品である高知の酒米「吟の夢」と、
カプロン系とイソアミル系の両方の特性を持っている高知酵母「AC95」。

「なんでこの組合せは無いのですか?」「いまあるラインナップのしがらみで無いのですが、
実は昔から造ってみたいと思っていた組合せなんです」。
このような経緯から、それぞれの頭文字をとった「G×A」は誕生しました。

ラベルデザインは

「対馬 肇」さん

波の模様で土佐の荒波をイメージ
依頼は、かっこいいラベルデザイン。

特にどんな感じというものは指定されず、自由にということでしたので、
高知県にある酒蔵なので、土佐の荒波を繊細なラインで表現しました。
豊能梅のロゴは書家の書かれたものがありましたが、
何か足らないと思い、マークがなかったので、梅を5つの丸でシンプルにデザインしたものを入れました。
箔押したマークが活きたデザインになったと思います。

デザインをとても気に入っていただけ、
またシリーズで、黒、ピンクも発売され、デザイナーとしてとても光栄です。

早速、そんな思いを感じつつ

グラスに注ぐと
酸の効いた爽やかな香り♪
りんご(´∀`*)ウフフ

香りに誘われて
口に含むと、
さらすわりん(^^)
きゅいーんと酸がきて♪

可愛い甘みとビターな甘みがじゅわん(´∀`*)

渋がきゅんときて、余韻はありつつ、
キレも良い。
1800ml 3046円/720ml 1565円(税抜き)
【高知】29BY (有)仙頭酒造場 土佐しらぎく ナチュール 地 純米吟醸 
土佐しらぎく ナチュール 地 純米吟醸

土佐しらぎく ナチューレ 地 純米吟醸

土佐しらぎく ナチューレ 地 純米吟醸
思わず顔をほころばす
素直に美味いって
こういうことなだな。

ニュートラルに体に染み込んでくる。。。
「あぁ美味い」

こういう感じを求めてたのかも


今回のラベルは、広島県在住のデザイナー「オリシゲシュウジ」さん。
ナチュールを意識したラベルデザインを要望し、
色々と試行錯誤の上、ナチュールを意識した、無駄を削ぎ落とした引き算のデザインを心掛けました。
自然界の「天地水」を3部作のラベルに表現。
「地」・・・
大地、地平線、水平線、山の稜線を描写。大地の恵みのイメージ。

グラスに注ぐと
穏やかながら、
黄色い果実の香り、いい可愛い(・∀・)

香りから期待大(´∀`*)ウフフ

そっと舌に滑らせると
すわんするりん♪

きゅんとシャープな酸がかわいくきて、
キュートで綿菓子のような甘みがふわり。
すっと消えるようなキレ。
余韻はほんのり渋が心地よい!


1800ml 3046円/720ml 1565円(税抜き)
【福島】29BY 曙酒造 天明 MITUGO 「金」生酒 
天明 MITUGO

天明 MITUGO

天明 MITUGO
この感じ、スキ
果実系の爽やかさに
花の蜜のようなきれいな甘み
あくまでも全体は透明感あって。。。

いや、喋りすぎましたwww

このお酒のコンセプトに
反しましたwwwすみません(・∀・)

頭で飲むな
心で感じろっですっ

一言だけいうならば、
磨きに関して感じるお酒

(あっ我慢できず言うてしまった^^;)

●コンセプトワーカーズセレクション(CWS)とは?
コンセプト・ワーカーズ・セレクション(CWS)は、
「農」=農家・農業 × 「造」=造り・造り手 × 「美」=デザイン・芸術 の要素から
「感性に訴えるモノづくり」を一番に開発された限定商品です。

呑んでから、このお酒の細かい仕様など
をチェックしてくださいませ(^^)

私は、スキでよ。この味の感じ♪

グラスに注ぐと
黄色い果実に可愛いさらすわーん。
綺麗な酸に、すわんと花の蜜のような甘みが染み込んでくる。
ほんのり苦からの、
すーーっとフェードアウト。
なかなかええでっすよ。

ちょっと硬く書くとwww

全体のバランス構成。
透明感。ゆったりと舌先で感じると感じる
花の蜜のような甘みの密度の良さ。
それを、きっちりバランスを整える
1本筋の通った「酸」の骨格の良さ。

この酸の良さのおかげで
開栓後も崩れない。

舌触りがざらつき感があるのは、
・・・・・・・・・・
さぁみんなで考えようーーーー(´∀`*)ウフフ

にしても、美味いね。


1800ml 3000円/720ml 1555円(税抜き)













天明MISTUGO 「金」山廃純米80生
出荷本数1.8L 360本 720ml 545本 のレア酒
会津の小さな酒蔵で女性杜氏が醸す「天明」というブランドで、地酒業界に一躍名を馳せた蔵元「曙酒造」。
現在は、4代目蔵元である鈴木明美さんの息子・孝市さんが杜氏として酒造りを一任されており、彼の思い描く酒造りに向けて、ご両親がバックアップしているという、これからが楽しみな蔵元であります。
さて、本日は孝市さんのお話。とある飲食店の店主さんと酒米の話になったところ、「お米についてもっと知りたければ、都内に面白い米屋さんがあるから紹介してやろうか。」
後日、孝市さんはそのお米屋さんを訪問します。1階はお米の量り売り専用店舗、2 階・3 階はすべて専用にカスタマイズされた精米機がズラリ。
「日本酒に興味があって、今度酒米を自分のところで精米してみようと思うんだけど」「よく米の外側のタンパク質が雑味の原因とか言われるけど、周りどのくらいまでその雑味の成分が多いの?」と問われ、孝市さんはハッキリと返答できなかったといいます。
後日酒米を持参し、その自家用精米機で1%ずつ削った糠を舐めながら、あるところでグンと甘み(旨味) が少なくなったポイントがある事に気づきます。
それは12%削ったところ(精米率88%) だったといいます。また、その精米したお米を見て驚いたといいます。お米の形そのまんまに精米されており、通常丸く小さくなる精米とも、扁平精米とも異なる形だと言います。
この出会いがあってから、お米の栽培はもとより、その後の保管方法や精米に至るまで神経を使うようになったといいます。(※この商品の精米方法はこれとは異なります。)
一般的に、磨けば磨くほど上質な酒になるという逆転の発想から生まれた低精米酒は、「米の外側のタンパク質が酒の雑味の原因とされているが、それもまるごと「旨み」ととらえる新概念だ。」と説明されがちですが、
この天明MITSUGO シリーズは、その一歩先をいった考え方であり、エコロジーの観点からも軽はずみに造られる高精米酒に疑問を投げかける商品です。
「せっかく農家さんが手塩にかけて作ったお米。できるだけまるごと味わってあげたい。」という思いが込められています。
ラベルデザインは、対馬デザイン事務所の対馬肇さんです。ラベルをよく見てみますと、外側の丸は型抜きしていますので、瓶
の色がそのまま映し出されています。真ん中の黒で印刷してある丸部分は、天明の「天」を表しています。







【高知】29BY (有)仙頭酒造場 土佐しらぎく ナチュール 水 特別純米 直汲み 生 
土佐しらぎく ナチューレ 水 純米吟醸

土佐しらぎく ナチューレ 水 純米吟醸

土佐しらぎく ナチューレ 水 純米吟醸
じゅわっ!!
うまっ すーーっと
水の美味さが、すいーっと

水なすの漬物があったら
エンドレス間違いなし(笑)

今回のラベルは、広島県在住のデザイナー「オリシゲシュウジ」さん。
ナチュールを意識したラベルデザインを要望し、
無駄を削ぎ落とした引き算のデザインでシンプルに仕上がっています。
この「水」は、雨、海、河、川の流れ、霧、水しぶきを描写。
水の恵みをイメー ジしています。


グラスに注ぐと
爽やかなしゅんとした香り。
じょわわと
じゅうーしぃーな酸のファーストアタックから
じゅわんとビターな甘みが濃密で透明な感じで
染み込んでくる
苦と軽い渋が広がり。
さっと切れるように引いて行く。
2杯め、3杯目と杯を重ねてくると

渋がじわりと来てゆっくりとフェードアウトして行くぅ!

水なすの漬物があったら
エンドレス間違いなし(笑)


1800ml 3046円/720ml 1565円(税抜き)
【愛知】丸一酒造 ほしいずみ 純米 火入れ 
ほしいずみ 純米

ほしいずみ 純米

越後杜氏の流れを受けた
若い杜氏さんが
頑張っているとのこと!
昭和52年生まれの若き杜氏!
30歳代!!
いやはや、この世代のお酒
魅力的ですねぇ!!

個人的には、ここの純米吟醸は
生も火入れもはずれないかと(・∀・)

これは純米ですが
純米も常温でゆるウマっ

グラスに注ぐと
すわするりんと入り込み、
可愛い甘みがすわー
渋がキュッと来て、
酸は控えめだけど、
優しい感じで渋で締める
切れるというより、ゆっくりフェードアウトーぐっと


1800ml 2000円/720ml 1000円(税抜き)
【福島】ほまれ酒造 からはし 純米吟醸 火入れ
からはし 純米吟醸

からはし 純米吟醸

とあるところで呑んで
「いい!!」ってことで
仕入れた一品(・∀・)

いろいろと賞をとっている蔵のようですが
やっぱり呑んで美味しいっって
感じたものが一番です(・∀・)

そのために、日々、呑んで精進しているわけですから(笑)

優しい香り。
すわんすわーん。
心地よい可愛い酸。
ビターな甘みから、心地よい渋。
バランス良し。

優等生な1本。
単発でも、するするいけちゃうんですが

どうしよっかなっ
なんか、エビとか茹でて岩塩でむさぼりながら
呑んでもええ感じな気がしやすよん(・∀・)


1800ml 2725円 720ml 1364円(税抜き)
【長崎】29BY 今里酒造 六十餘洲 純米吟醸無濾過 山田錦 火入れ 
六十余州 純米吟醸 火入れ

六十余州 純米吟醸 火入れ

抜群の心地よさ。
火入れにしてこの感じ^_^
チリチリ感と
染み渡る幾重にも重なる旨味。。。
うみゃい(*´ω`*)

長崎県の北東部佐賀県境に位置する波佐見町は周囲を山に囲まれた静かな盆地。
その地で今里酒造は創業(1772年)以来、地元に愛される日本酒を造り続けてます。
手造りの酒を追求し、風土に根づいた米や水にこだわり、味わい深い造ってます。
「六十餘洲(ろくじゅうよしゅう)」は、以前日本には60の国々があったことから、
六十餘洲と命名。日本中の皆様に飲んで頂きたいという想いが込められてます。。

グラスに注ぐと
香りは控えめに

ビターな香り。
口に注ぐと
おぅ 火入れなのに
ピリピリっとほんのりガス感。
いいじゃない(´∀`*)ウフフ

舌にその刺激がつく頃には
じゅわっときゅんな酸と
ビターな甘みが幾重にもかさなって
いい塩梅(・∀・)
渋さで良い感じに切る。
気持ちやや渋が強いですが、
許容範囲内(^^)
気になる方は、そこは
料理と合わせていくとぐぐっと
旨味の相乗効果♪(^^)
1800ml 3200円/720ml 1600円(税抜き)
【愛知】関谷醸造 蓬莱泉(ほうらいせん) 純米大吟醸 「美」
岐阜のお隣、愛知県の地酒「蓬莱泉(ほうらいせん)」の純米大吟醸です。

お米は全量 山田錦。

冷蔵庫でしっかりと冷やしていると、香りは控えめで飲み口もキリっとした感じです。
ふわ~っと広がる感じではありません。

飲みながら温度が上がってくると香りも立ち、飲み口も優しく広がります。
まさに瓶のラベルのような感じです。

温度で飲み分けていただければ、好みが分かれる方とのお食事でも1本で楽しめちゃいますね。
【宮城】新澤醸造店 飛竜 純米大吟醸 29BY (あたごのまつの蔵)
あたごのまつ 飛竜 純米大吟醸


あたごのまつ 飛竜 純米大吟醸
新澤醸造店。
限定流通品。
朝日米を使用したじゅしぃー系

岡山県産朝日を使用!
"天空を飛ぶ龍のごとく、
世界に最高品質を届けることができるように"と、
【 飛龍 ひりゅう 】と命名!
食中酒の進化系を表現しています。
もう名前からして、うまそうじゃないっすか^_^

「あたごのまつ」よりも
味わいがじゅしぃー系なのが面白い^_^

グラスに注ぐと
香りは控えめ。
酸の爽やかな香り、

下に滑り込ませると
するむるりん、柔らかくなめらか

酸が優しくほわり。
しっとりとした甘みがすわーんと広がる、

ビターさですうぃっと広がる。

優しい。

この後半の感じは、やっぱり新澤醸造店さん♪
芯の部分は、きっちり蔵らしさ押さえてきます^_^

1800ml 2770円 720ml 1400円(税抜き)
【土佐】(有)仙頭酒造場 土佐しらぎく ナチュール青い鳥 純米吟醸 29BY 
土佐しらぎく ナチューレ青い鳥

土佐しらぎく ナチューレ青い鳥

幸せを運んでくれる
なんか、呑んでて心地よい。
好きです。美味いです(´∀`*)ウフフ

飾らない自然体である「ナチュラル」をテーマに、
広島在住のイラストレーター 「カエルカバン」 さんにラベルをお願いされております。
青い鳥はチルチルとミチルの話で、「幸福とは気がつかないだけでごく身の回りに潜んで いるもの」 を表し、
このお酒を飲んだ人に小さな幸せを感じてもらいたいとの思いから描かれたものです。

グラスに注ぐと
可愛いらしい香りとビターな香りがいい感じ。
さわっすとんと、入り込み
ふわっとメロンな旨味が
綺麗に優しく広がり、
すっと引いて、
心地よい苦ビターが、いい余韻を醸し出す。
良い良い!
1800ml 3320円/720ml 1745円(税抜き)
【長崎】今里酒造 六十餘洲 純米無濾過 山田錦 生原酒 29BY 
六十余州 純米 無濾過生原酒

六十余州 純米 無濾過生原酒

イイデス。
ウマイデス。
スキデス。
この感じ。旨味の濃度
味わいの構成。ステキ。コスパモ(´∀`*)ウフフ

長崎県の北東部佐賀県境に位置する波佐見町は周囲を山に囲まれた静かな盆地。
その地で今里酒造は創業(1772年)以来、地元に愛される日本酒を造り続けてます。
手造りの酒を追求し、風土に根づいた米や水にこだわり、味わい深い造ってます。
「六十餘洲(ろくじゅうよしゅう)」は、以前日本には60の国々があったことから、
六十餘洲と命名。日本中の皆様に飲んで頂きたいという想いが込められてます。。

グラスに注ぐと

香りはビターな感じ。
ほんのりじゅわじゅわっと美微炭酸
きゅんと酸がきて、
可愛らしくも、いい密度の甘みがじゅわ(^_^)
いいアクセントの苦がほんのりきて、
すっーーっとビターな心地よい余韻に変わっていく。
引きもよく、美味いねー!!

1800ml 2650円/720ml 1325円(税抜き)
【三重】清水清三郎商店 作(ザク)純米大吟醸 sake nouveau 2017 しぼりたて 新酒
作 sake nouveau 純米大吟醸

作 sake nouveau 純米大吟醸

年に4ヶ月間だけの
限定の「作」
新米だけで仕込まれた
作らしさ透明感を存分に味わえる
逸品。

四季醸造。
空調、冷蔵設備を完備し、
年間を通して、お酒を醸しています。

作が目指す酒は、至極の火入れ。
火入れなのに、フレッシュ感を感じて
そして、何と言っても、その「透明感」
旨味を感じて、すっと喉に入り込む
嫌味は感じず、心地よい。

年間を通して、お酒を作っているのですが、
その人気から、出荷したら、常にお酒がsold out状態

そして、このsake nouveauは、
年間を通して、作っているので、常にしぼりたてなのですが
新米だけで仕込んだものが、新酒として
11月から4回に分けて、4ヶ月間だけ出荷される限定品なのです。

希少なため、見かけたら、即ゲットをオススメいたします^_^

1800ml 3600円/720ml 1800円(税抜き)
【三重】清水清三郎商店 作(ザク)純米 恵乃智(めぐみのとも)
作 純米 恵乃智

作 純米 恵乃智

スタンダードにして
このクオリティ。
恵乃智。
香りの心地よさ
透明感ある米の旨味。

四季醸造。
空調、冷蔵設備を完備し、
年間を通して、お酒を醸しています。

作が目指す酒は、至極の火入れ。
火入れなのに、フレッシュ感を感じて
そして、何と言っても、その「透明感」
旨味を感じて、すっと喉に入り込む
嫌味は感じず、心地よい。

年間を通して、お酒を作っているのですが、
その人気から、出荷したら、常にお酒がsold out状態

コスパもかなり高い。
きれいめ系のお酒が好きな方。
是非是非^_^

1800ml 2450円(税抜き)
【三重】清水清三郎商店 作(ザク)純米 恵乃智(めぐみのとも)中取り
作 純米 恵乃智 中取り

作 純米 恵乃智 中取り

恵乃智の中取りバージョン
より旨さだけを感じ。
透明感と香りの心地よさに
酔いしれる。。。

四季醸造。
空調、冷蔵設備を完備し、
年間を通して、お酒を醸しています。

作が目指す酒は、至極の火入れ。
火入れなのに、フレッシュ感を感じて
そして、何と言っても、その「透明感」
旨味を感じて、すっと喉に入り込む
嫌味は感じず、心地よい。

年間を通して、お酒を作っているのですが、
その人気から、出荷したら、常にお酒がsold out状態

3000円以下で、このクオリティ。
きれいめ系のお酒が好きな方。
是非是非^_^

1800ml 2720円(税抜き)
【長崎】今里酒造 六十餘洲 純米吟醸無濾過 山田錦 生原酒 29BY 
六十余州 純米吟醸 無濾過生原酒

六十余州 純米吟醸 無濾過生原酒

決して派手ではない
でも、柔らかい中に。
旨味の存在感、心地よさ
抜群なんです。

長崎県の北東部佐賀県境に位置する波佐見町は周囲を山に囲まれた静かな盆地。
その地で今里酒造は創業(1772年)以来、地元に愛される日本酒を造り続けてます。
手造りの酒を追求し、風土に根づいた米や水にこだわり、味わい深い造ってます。
「六十餘洲(ろくじゅうよしゅう)」は、以前日本には60の国々があったことから、
六十餘洲と命名。日本中の皆様に飲んで頂きたいという想いが込められてます。。

グラスに注ぐと
香りは控えめに

ほんのり黄色い果実
すわっぬるりん
きゅんと酸、
が可愛い甘み、甘みはしっとりさもあり、
中盤からビターな甘みに変化
だんだん苦になり、
余韻を残しつつフェードアウト。

穏やかながら、決めるところは決めてくる感じが
にくいね(^_^)

1800ml 3200円/720ml 1600円(税抜き)
【山口】山縣 純米無濾過 西都の雫 生原酒 29BY 
山縣 純米無濾過生原酒 西都の雫

山縣 純米無濾過生原酒 西都の雫

いいお酒に出会いました。
山口のお酒。
ココ最近、気になっていた銘柄なのですが
不思議な縁で、取り扱うことができることになりました。

山縣は娘さんが蔵を継いだ後に
限定流通ブランドとして立ち上げたブランド。

地元銘柄は「毛利公」というお酒。

グラスに注ぐと
香りは控えめに

口に含むと
その味わいの展開に
(´∀`*)ウフフと思わずなってしまいます(*^^*)

きゆーーーんと、
シャープな酸、柑橘っぽいニュアンスから
優しい酸に変化が面白い
そして、甘みのニュアンスがとてもよい。
綺麗な雰囲気はあるんだけども、
密度は高く、可愛さと
上品さ、
引きも良く、余韻に苦が心地よく
全体を引き締めてくれはる。
これ良いよー!!

1800ml 2583円/720ml 1416円(税抜き)
【奈良】今西 純米無濾過生原酒 朝日 29BY 
今西 純米無濾過生原酒 朝日

今西 純米無濾過生原酒 朝日

今西 純米無濾過生原酒 朝日
人気の「みむろ杉」を醸す
「今西」酒造が出す「限定流通酒」
自ら名前を冠した自信作。

「今西」
骨格の良さとバランスを備えた
心地よい食中酒。

今西酒造さんがある「三輪」には
大神神社は日本最古の神社で、本殿を持たず、三輪山をご神体として祀っている神社があります。
三輪山は古来から「三諸山(みむろやま)」と呼ばれ、
「うま酒みむろの山」と称されるは「みむろ・・実醪」
すなわち「酒のもと」の意味で、
酒の神様としての信仰からの呼び名であるとも言われている日本酒の聖地なのです(*^^*)

穏やかな香り、
すわぁとろりんな口当たりに、
シャープで、きゅいーーんとくる酸
甘みはキュートで、クリアながら、
密度もしっかり!
中盤からビターさにかわり、
さっと引いて、余韻もまた、心地よい。
少しだけ、どこか水っぽさがあるけど

これまた、良い!!

1800ml 2452円/720ml 1275円(税抜き)
【岡山】燦然 きらめきさんぜん -はじめの第一歩-
    純米酒 雄町 65 中汲み生原酒 2017
あたごのまつ ささら



【季節限定酒】

岡山県産雄町を100%使用した純米酒です。

フルーティーな香りが華やかに漂い、口に含めば優しい甘さが広がります。

余韻は穏やかで、もう一口、もう一口と杯が進みます。

飲みやすいので、日本酒を飲み始めたばかりの方にもオススメですね。

可愛らしいラベルですので日本酒好きな女性へのプレゼントにもいかがでしょうか。

1800ml ¥2,775
720ml ¥1,445
(税抜き)

【製造元】
菊池酒造株式会社(岡山県倉敷市)
http://kikuchishuzo.co.jp/
【宮城】あたごのまつ 純米吟醸 ささら 新酒 29BY 
あたごのまつ ささら



究極の食中酒
ふわっと旨味がきて
すっと抜けるキレ。

29BY
一発目のあたごのまつが入荷してまっす( ー`дー´)キリッ



グラスに注ぐと
穏やかに
バナナやメロンのような香りがふわっと
派手すぎないところがいいですねぇ

口に含むと
すっと入り込む口当たり
すわっと旨味がひろがり
           心地よい酸。
すすすーっと引いてく引きの良さ。

”す”を連発してますが(笑)
それだけ、いいお酒です(笑)

素材の味を生かしたポトフなんかと
一緒に

料理の邪魔をしないいい脇役です。

1800ml 2122円(税抜き)
【石川】池月 一青(ひとと) 純米吟醸  
一青 池月 純米吟醸

一青 池月 純米吟醸
すーっと入り込み
ふわっと旨味。
軽やかなのに美味いとこついてくる
『池月』さんの純米吟醸

もともとは石川限定のコレ
お客様が、池月の純米吟醸を呑んでみたい
そんな声から、蔵元に聞いてみたところ
分けていただいた1本。

これがまた、良い。
アルコール14度台ながら
軽快というより
軽やか。

香りは控えめなものの
口に含むと
そのふんわりな旨味が広がり
キレも良い。
その旨味のニュアンスが、さすが池月さん
丁寧に丁寧にいい旨さに仕上げてきてます。

いつまでも、呑んでいたい
そんな1本です。

ちなみに、「一青」(ひとと)は
池月さんがある地区の名前。
あの「一青窈」さんの名前の由来。

地名の由来は諸説ありますが、
「しとと」という霊鳥がいてその羽の色が青かったため
「一青」という字があてられたとも言われているそうです。

500mlのみ 1180円(税抜き)
【京都】伊根満開 赤米酒 (きれいな色の日本酒)
伊根満開 赤米酒


伊根満開 赤米酒
人の縁から
酒縁。そんな中で、
取扱が始まったこの赤米酒。

地元で取れた、特別栽培の
古代米「赤米」を使用し、
作られた、ちょっと特別な日本酒。

ワイングラスに
心地よく冷やした
コレを注ぐと

透明感ある
きれいな赤色に
まず、目を奪われます。

赤ワインとは違う、繊細できれいな
色合い。

口に広がる
キュートで甘酸っぱい
味わい^_^

食前酒でぜひぜひどーぞ。



720ml 1760円(税抜き)

在庫について

<<ホームページ掲載のお酒の在庫について>>
取扱銘柄を掲載させていただいております。

実店舗でも並行して販売しているため在庫がない場合がございます。

特に生酒や季節ものにつきましては、ご注意くださいませ。

在庫やBYなど、一度、「酒のひろせ」までご連絡いただけると確認できます。

TEL058-387-6155 (酒のひろせの場所→地図

また、地方発送も行っております。お気軽にお電話くださいませ。

BYについて

BY表記について

BYとはなんぞっや? BYは「Brewery Year」を略したものなのです^_^
Breweryは日本語で「醸造」という意味なので、「Brewery Year」はそのまま「醸造年度」という意味になります。
よく瓶に書いてある製造年月日は、ビン詰の日付なので、おんなじ時に造ったお酒でも、ビン詰の月が違っていれば、違うので
BYを意識しつつ、そこもみると自分の好みの熟成具合の参考になるかもしれませんね♪
 
このBYですが、例えば、24BYと書かれていた場合、普通は、平成24年の1月から12月の間に造られた日本酒?!と思うのですが。
実は違うんです(゚・o・)。24BY=「平成24年7月から平成25年6月の間」に醸造された日本酒のことを指すのです。
(製造者が国税庁に生成数量を見込み申告する都合で決められたもので、原料米の割り当てを計画するために昭和40酒造年度から始まりました)

ただ、BYが古いからと言って、古いという感じではなく、あえて、熟成させて、できたてよりも、今が美味さのピークだよとかあるので、
是非是非、その辺りは
スタッフに聞いてみてくださいね^_^

酒のひろせのお勧めするお酒とは?

欲しいお酒ございましたら♪
お気軽にお電話ください^_^
まずは、お気軽にお電話ください。地方発送なども承っております。

TEL 058-387-6155 
酒のひろせのお勧めするお酒とは?
酒のひろせでは、お客様に合わせてお酒をお勧めしています。

例えば、ご自分で飲まれるのか、プレゼント用なのかで、お酒を選ぶ基準は変わってきます。

また 甘口がお好きか、辛口がいいのか?
お燗をするのか、冷やしてのむのか?
ご予算の中ではどれがベストなのか?
酒のひろせのスタッフは取り扱いのお酒の味を分かっていますが、お客様の嗜好まではご本人に伺わない限り分かりません。

ウェブでいろいろなことを検索するときにgoogleやyahoo!を使うように当店のスタッフにお酒のご相談をしていただければ、きっとご満足いただけると思います。
酒のひろせのスタッフは『お客様の立場で』お酒を選ぶお手伝いをいたします。

スタッフ
 
店主 広瀬史樹 fumiki
店主 広瀬史樹 酒のひろせの店主です。
手頃で美味しい地酒やワインをメインに揃えています。
普段呑みのお酒をほんの少し良いものにするだけで毎日が楽しくなる事をお伝えしていきたいと思っています。ブログでは、お酒の紹介と日々の出来事なども書いています。 こちら もご覧いただけると嬉しいです。
どうぞごひいきに(^-^)

こちらでFacebookに参加しております。

広瀬恭子 yasuko
広瀬恭子 酒のひろせのワイン担当です。
扱うワインは可能な限り必ず試飲をしています。
ワインを飲まれる方の気持ちになって品揃えをしており、
プロ(レストラン等)の方々にも評価をいただけるようになりました。
もちろん、ワイン初心者にも喜んでいただけるように親身にアドバイスさせていただきます。(*^_^*)


送料・梱包資材等
当店は、ヤマト便を使っています。

送料一覧(税抜き)
リンク
 
蔵元
三千櫻酒造
房島屋(所酒造)
酒屋八兵衛(元坂酒造)
御代櫻醸造㈱(酒向博昭)
三千盛
天領酒造株式会社
達磨正宗(白木恒助商店)
蓬莱泉(関谷醸造㈱)
小左衛門(中島醸造㈱)
初緑(高木酒造㈱)
玉柏(蔵元やまだ)
安芸虎(有光酒造)
お客様など
由紀の酒